自宅で安くホワイトニングをする5つの種類【必見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でホワイトニングをする場合の種類についてご紹介します。歯医者さんでするより、お買い得でしかも効果もそれなりに期待が出来る自宅ホワイトニングですが、その方法は様々です。おすすめの自宅ホワイトニングの方法と共にホワイトニングの種類を確認して下さい。

自宅で安くホワイトニングをする方法

大きく分けて5タイプあるので、それぞれの特徴を説明します。

ジェルタイプ

特殊なジェルを塗布し、3060分おいて、薬剤の効果を浸透させて白くするタイプのものです。注射器型の容器に一回分のジェルがセットされており、数回分の注射器用の容器がセットになって販売されているものが多いです。

歯を白くさせるための成分のジェルと、定着させるためのジェルの工程が分かれるものあり、スティックタイプの刷毛が内臓されており、step1,step2に分けて塗布するタイプもあります。こちらのスティックタイプの方が注射器型より若干お安めです。

マウスピースタイプ

特殊なジェルを塗布した後、マウスピースを口に咥えて数十分時間を置くタイプ。マウスピースの種類にいろいろ違いがあり、薬剤を浸透させるために歯を覆っておく目的だったり、熱や振動を発生させて汚れを浮かせる促進を目的とするもの、LEDライトを歯に照射させる方法などたようです。

このマウスピースタイプが、最も強力にホワイトニングできるツールとして人気が高いです。しかし、歯科医院で施す施術に一番近いタイプでもあるので薬剤が強かったりと気を付けなくてはならない問題もあるようなので、使用には細心の注意が必要でしょう。

マニュキュアタイプ

歯のマニュキュアと呼ばれるタイプで、文字通りのマニュキュアなので塗ってすぐ白くできるのが特徴です。銀歯や差し歯があったり、健康上の理由や妊婦さんなどの様にホワイトニングができない方や、どうしても明日までに白くしたい!というような緊急の時に良いアイテムです。

しかし、いろいろ問題点も多いので注意して頂きたいのは、色ムラになりやすかったり、マニュキュアの落とし残しがあると着色汚れや歯垢の温床になったり、歯茎についた場合落としにくく歯茎を傷める危険性があったり、噛み合わせ面には塗れないため違和感があったりと、『塗ってる感』が違和感になりやすいといことです。

マウスウォッシュタイプ

うがいするだけの洗口液タイプ。口臭予防のマウスウォッシュと同じで歯磨き後や食事の後などに液体を口に含んで汚れを浮かせる方法です。一番手軽な方法ではありますが、効果はそれ程期待できません。

歯磨き粉タイプ

ハイドロキシアパタイトやフッ素を含む一般的なモノから多種多様なものが出回っています。いつもの歯磨き粉をホワイトニング専用に替えるだけで取り入れやすいです。

番外編

・歯の消しゴム

・超音波で汚れを分解する方法

自宅で通販を利用したホワイトニンググッツの取り寄せは簡単に行えます。しかし、あまりにも種類が多いので何を使ったらよいのか迷ってしまうのが現状でしょう。しかも、中には家庭で使用するには強力過ぎて危険な場合もあります。

安全・安心を求めるなら、公式サイトを持った説明をしっかり行っているところから購入することをおすすめいたします。

本サイトのおすすめは、セルフホワイトニングで今一番注目スウェーデン生まれの「リリーホワイト」をご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。